畳をまるごと包んでダニ退治!その日からダニ被害が激減します!!15年の信用と実績“畳カバー法”でダニを一網打尽!


ダニの種類とその被害

【注意】虫の写真は苦手だと言う方は、見ない方が良いかも知れません。

【家庭にいる代表的なダニ類や昆虫とその被害】

畳表のワラの間を、出たり入ったりしているダニ類の大きさは、0.2mm〜0.8mmと

肉眼では見つけにくいもので、チャタテ虫がチョロチョロしていると発見されて、

ダニと勘違いされることがあります。



【ダニ類と昆虫の違い】

昆虫の体は頭部、胸部と腹部の三つに分かれていますが、ダニ類は頭部、胸部と

腹部が一つになっています。


ちなみにクモ類は頭胸部と腹部の二つに分かれています。


ダニの顎の部分には口やツメのついた鋏角、昆虫の触角にあたる触肢があり、

足は昆虫の6本足と異なり、ダニは胴の部分にクモと同じ8本の足があります。


ダニ類は紫外線や振動を嫌うので、日が落ちて人が寝静まってから畳の上に

上がってきて、日が昇ると畳の中に潜り込んでいきます。


大発生すると追い出されてくるのか、日中でも畳の上に上がってきます。



 チリダニ科 (コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ他)

チリダニは、家屋内の畳、ジュ−タン、寝具、衣類、ぬいぐるみや布製の

イス等に多く発生するダニで、人や動物のフケやアカを好んで摂食します。


チリダニは温度25〜28℃、湿度60%以上の環境で最も良く繁殖します。


チリダニはアレルギ−性喘息、鼻炎や眼アレルギーのアレルゲンとなり、

死骸や糞を吸い込んでも喘息や鼻炎を起こします。


大きさ0.1〜0.5mm。約4週間で卵から成虫になり、メスは成虫の間に

1日2〜3個の卵を産み約100日間生き続けます。




ツメダニの頭部
画像クリックで拡大
 ツメダニ科 (クワガタツメダニ・ケラカロプシス他)

ツメダニは、家屋内の畳や一部のジュータンで発生するダニで、

7〜10月にかけて築2〜3年目の家屋の畳に多く発生し、コナダニ・

チリダニ・チャタテムシなどを捕食するダニです。


ツメダニは触肢が強大で末端の爪が巨大なものが多く、この爪で

コナダニ・チリダニ・チャタテムシや人の皮膚を鋏んで頭部の先端に

ある針を刺して体液を吸います。


高温に強く、温度27〜30℃、湿度70%以上の環境で最も良く繁殖します。



【刺されやすい部位】

 腹・内股・尻・背中などの柔らかいところが多い。


【刺された後の症状】

刺されると 小型のケラカロプシスの場合は直径2〜5mm、大型の

クワガタツメダニの場合は直径5〜7mmの赤い皮疹ができ、

痒みは約1週間位続きます。


蚊の刺咬と異なり、刺されてからすぐに腫れることはなく、

刺されてから8〜48時間後位(5〜72時間後の人もいる)に

赤色に腫れてきて痒みを覚えます。


赤色に腫れた皮疹はその後茶褐色に色素沈着し、跡は1ケ月以上、

体質によっては1年以上残ります。





画像クリックで拡大
 コナダニ科 (ケナガコナダニ他)

コナダニは、家屋内の畳・食品類・医薬品類・その他 カビの多い

場所に多く発生するダニです。


カビや多種の食品類を好んで摂食します。


温度25〜28℃、湿度70%以上の環境で最も良く繁殖します。


梅雨の中頃から梅雨明けにかけて大発生することが多く、餌となる

コナダニが大量に発生するとツメダニも大発生し、夏から秋口にかけて

人への刺咬被害も多くなります。


梅雨半ばの晴れた日にケナガコナダニが異常発生し、壁や家具など

を這っているのがわかり、大騒ぎになることがあります。



画像クリックで拡大
 チャタテムシ科 (ヒラタチャタテムシ他)

チャタテムシは昆虫の仲間で、ほとんどの種類が屋外生息種ですが、

家屋内においても乾燥食品、医薬品、書籍などの紙類、動植物の

標本、畳などのわら製品、その他木製家具に発生する虫で、カビや

畳み下のホコリ等を摂食します。



多湿なところに生じるカビ類を食する食菌性の昆虫です。



人体に対する直接の被害はありませんが、餌となるチャタテムシが

大量に発生するとツメダニが大発生し、人への刺咬被害が多くなり

始めます。


画像クリックで拡大
 アリガタバチ科 (シバンムシアリガタバチ他)

アリガタバチの寄主のシバンムシは木材や畳のイ草などを

食害する建築害虫で畳の中で産卵します。

シバンムシは、体長は約1.5〜3mmで,楕円形をしています。

体の色は赤褐色で,背中に細い毛がたくさん生えています。


   ↑シバンムシ

畳をシバンムシが食害するとアリガタバチはシバンムシの幼虫に

産卵するために畳に侵入しますが、そのときに人と接して何らかの

圧力が加わると、『攻撃された』と勘違いして 反撃のために人を

咬みます。


アリガタバチは、蟻と形が似ていますが蟻に比べて足が短く、夏季に

大発生し、近年は新築数年後のコンクリ−ト住宅における発生が多く

刺傷被害が急増しています。


アリガタバチによる刺傷被害はツメダニと良く似ていますが、ツメダニ

に比べて足や手などの露出部が多く、咬まれると痛みを感じます。


畳表の隅にキリを刺したような1mm位の丸い穴を見つけたら

アリガタバチが侵入しているかも知れませんので注意して下さい。



画像クリックで拡大
 ヒゼンダニ科 (ヒトヒゼンダニ他)

別名カイセンダニと言い、このダニが皮膚に寄生するとカイセン症と

言う皮疹の原因となります。


カイセン症は、ヒゼンダニが皮膚の表皮のすぐ下にトンネルを掘って

生活する寄生ダニ症で、皮膚疾患と間違われて皮膚病の手当をして

も良くならなくて悩む例を多く見受けます。


カイセン症は皮膚接触により感染するものが最も多く、寝具や衣類等

からも感染することもありますので、病院や老健施設などの集団生活

をする所で被害が増大しています。


【症状】
 外陰部、腋の下、肘などに散発する小豆大の痒みを伴う小結節
 腹部、大腿部、上肢屈側の散発する紅色小丘疹
 指の側面、指間、手掌、手関節部に散発する線状の皮疹(疥癬トンネル)

疥癬トンネル


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

もう【こんな気持ち悪いダニ】からは

1日でも早くダニ退治シートを使って

解放されたい!

と、お困りの方は下↓をクリックして下さい。

お買い物カートへと飛びます。

畳をまるごと包んで徹底的にダニ退治!
■ 商品の詳細・お求めは、下の画像かコチラをクリックして下さい→《Click here!!》
ダニ退治シート1ダニ退治シート2エスガードE1エスガードE詰替用
商品のご注文はこちら
↑ここをクリックして下さい

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ダニ退治をしていく前に、一体どういう条件でダニが増えてしまったのか?

今後ダニ被害に遭わない為にも、ダニが繁殖する条件を覚えておいた方が得策です。

何故なら、その条件にならない様に注意していればダニは繁殖しないからです。

繁殖条件をまだ知らない方、このページからこのサイトに来られた方は、

コチラをクリックして覚えておいて下さい→《Click here!!》

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 ダニを徹底的に退治・駆除する方法  ダニ退治を動画で見る 
 ダニって家の中のどこにいるの?  ダニの種類と被害
 ダニ退治方法の比較検証  ジュータンのダニ退治方法
 ダニ類の駆除及び予防  畳のダニを完璧に退治する方法
 お客様の声  ダニに関するよくある質問

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

トップへ
トップへ
戻る
戻る


Copyright (C) kagoyaseiyaku. All rights reserved.